人気があるMRについて解説します

人気があるMRについて解説します

MRは製薬会社の薬について説明する仕事です。薬を説明してその効用を聞き手に納得してもらうことで、薬の売り上げに貢献します。一種の営業の仕事ですが、専門的な知識が必要で薬剤師や看護師の方が向いています。意欲があれば、未経験の方でもこの仕事をすることができます。その場合は、なるべく若いうちにこの仕事に転職することが必要になります。未経験の方だったら、出来る限り30代前半のうちにこの仕事に就くようにしましょう。この仕事は営業に成功すれば、年収は高くなります。始めた時は500万円前後の年収であっても、長年続けて営業の成績が良くなれば、1000万円以上になる人もいます。コミュニケーション能力があり、粘り強さを持っている人がこの仕事には向いています。

薬のことを分かりやすく説明する技術が求められる

MRの仕事で特に大切なことは、薬のことを分かりやすく説明する技術です。製薬会社では毎年多くの新薬が作られており、それを販売していかなければなりません。薬にはいろいろな要素があり、その一つ一つを丁寧に説明しなければなりません。特に薬の効用や安全性については丁寧に説明する必要があり、説明の仕方がMRの腕の見せ所になります。この仕事が向いているのは薬剤師や看護師などの薬の知識を持っている方で、実際にこの2つの仕事をしていた人が転職して、この仕事を始めることが多いです。全く経験のない方でも採用されることがありますが、その場合は営業の能力が優れている方や強い意志を持っている方が優先して採用されます。このタイプの仕事は医療系の転職サイトを使えば、見つけやすいです。

自分の努力次第で年収は上がることが多い

MRの年収は普通のサラリーマンにくらべて高く、一番低い人たちでも400万円を超えています。実力のある人だったら、800万円から1000万円程度の年収を得ている人もいます。非常に優秀で長年この仕事を続けている人だったら、年収が1000万円を超えることも少なくありません。薬の売り上げが上がらないと、年収は高くならないのでこの仕事には厳しい面があります。しかし、自分の営業した薬によって患者さんの病気が良くなり、健康状態が改善されたら生きがいを感じられます。営業なので積極性が必要ですが、営業先のお客様の要望やクレームに謙虚に耳を傾ける姿勢も求められます。人間が好きな人に向いており、技術職の方や研究職の方は避けたほうが良い場合があります。女性の方でも努力すれば、成功することは可能です。