知っておきたいMRについての基礎知識

知っておきたいMRについての基礎知識

最近、就職活動や転職市場において人気の職種として、MRという職種について耳にする機会が増えています。日本語にすると医療情報担当者であり、製薬会社に勤務する職員です。仕事内容としては、医者や病院を訪問し自社が生産する医薬品の営業活動を行います。しかし顧客が医者や病院ということもあり、一般的にイメージされやすい営業マンとは異なった活動も多くあります。本文においては、まず普段の生活からはイメージがしづらいMRについての基礎知識として、仕事内容や給与、やりがいといった部分についてお伝えしていきます。その上でMRになるために必要なことや能力、さらにこうした職種を持つ製薬会社などを取り巻く環境など、仕事や業界に関連するさまざまなことがらについてもお伝えしていきます。

実際の仕事内容やその給与について

仕事内容としては、製薬会社が持つ商品に関する情報提供が大きな割合を占めます。また実際に使用された薬に関する副作用の情報などを医療関係者から収集することで、今後の商品開発に役立てるヒアリング要員としての役割も求められています。このようにただ単に自社商品を売るだけではなく、医療関係者と密に連携し、医療に貢献する仕事といえます。そのため高度な医療や薬剤に関する知識と高い倫理観が求められることになります。一方で、医療関係者との情報共有だけでは、製薬会社の営業職の側面もある職種の働き方としては不十分であり、医療関係者への情報提供を通じて、自社製品を使ってもらうための工夫を常にこらしていくことが求められます。このように非常に困難な仕事ではありますが、その分営業活動で高い成果を上げた際には、非常に高い給与を得ることが可能です。

働くために必要なことや能力とは何か

実際に働くために必要なことは何なのか、ということについてここではお伝えしていきます。まず働くためには職種のある製薬会社に入社することが必要不可欠です。新卒採用であれ中途採用であれ、まずはこの関門を突破しなければ話になりません。高い報酬に魅力を感じる人も多く、近年人気の職種であるため、入社試験対策を万全にしておく必要があります。営業活動が中心となるため、個人で成果を出すことが求められる場面も多いです。個人で成果を出せたというエピソードが用意できれば選考を突破しやすいかもしれません。また現在では、MR認定試験という試験があります。国家資格ではなく業界が認定する資格であるため、営業活動に必須というわけではないものの、業界内での認知はあるため、事実上必要となる資格になります。こうした資格の取得も働くためには必要です。