MRとはどんな仕事をする人なのか

MRとはどんな仕事をする人なのか

MRというのは、端的に言えば医薬情報提供者です。製薬会社に勤務、営業部門に所属して、医療機関を回り、医師、歯科医師、薬剤師、看護師など医療関係者に医薬情報を提供し、自社の製品を良く知って貰い、販売を推進する事が大切な仕事です。ただし、医薬品販売という仕事の性質上、MRは製品の安全性情報、有効性情報も伝えていきます。その中で自社製品が他社製品に比べて優れている点、自社製品を使用した際に得られるメリットのプロモーションを行います。メリットは、薬品の効能だけではなく、包装、シートでどのように目立っていて、処方しやすいか、患者さんが服用しやすいか等、細かな点まで気配りをして販売して、情報提供を行います。メリットばかりでなく、デメリット、副作用についてもきちんと説明をすることも大切な職務です。

医療関係者にとってのMRの仕事の重要性。

MRは、自社製品を宣伝するだけではなく、製品の正確な情報を伝える必要性があります。どういった効能があるのか、他社製品とどこが異なっているのか、その製薬会社ならではのその製品を使用するメリットは何なのかを伝えなければなりません。それは、自社の製品を使って貰うという営業的な意味合いだけでなく、患者さんにどのように役立つかを知って貰うためです。そのためには、学術的論文、科学的根拠による説明を行うこともあります。副作用の説明は特に懇切丁寧に行う必要があります。どんな薬を飲んでいる患者さんには処方するのが禁忌か、どういった副作用が出る可能性があるかは医師及び薬剤師からきちんと説明し、服薬を中断しなければならない重大な副作用が出た際の対応についても説明します。

この仕事のやりがい、社会的意義とは。

薬の説明の仕方が足りなければ、患者さんにとってはよりよい治療を受ける機会が減ることになってしまいます。製薬会社はジェネリック薬品の営業を担当することもあり、正規品と変わらない効能があり、患者さんが安く薬剤を利用できることも説明しなければなりません。病院、医院に足繁く訪れ、医師との信頼関係を作り、コミュニケーションの流れを良くしていくことは、人命を救う事にも繋がります。医師から指名されて営業ができるようになると、より正確な薬剤知識を伝えることもできます。また、MSと言って、薬問屋さんに対する営業も行います。様々な機会を作って製品の良さを知ってもらうことが情報提供者の職務です。この仕事をする上では、利潤追求だけではなく、人々の健康の大切さを営業しているのだという自覚が必要です。