MRになりたい人なら押さえておきたいポイント

MRになりたい人なら押さえておきたいポイント

MRは高い収入が魅力となる人気の営業職ですが、その分成果を出すためには様々なスキルが必要になります。相手は病院の医師ですが、普段は忙しいためになかなかアポイントも取れないのが現状です。そこでどのような点に注意すれば良いのかを挙げていきますので、これから目指したいという人には参考になるでしょう。営業職とはいえ、基本的にはコンサルタントとしての役割も持つことになります。そのために売り込むことよりもいかに提案することができるかが重要なポイントとなります。さらに医師とのコミュニケーションをどのように取るのかも心得る必要があります。営業職の中でも特に高度なスキルが必要となる職種なので、これから転職を考える人にとってはぜひ押さえておきたいポイントと言えます。

最初にコミュニケーション能力を高めること

MRとして成果を出すためには、まず医師とのアポイントの取り方が重要と言えます。忙しい医師が快く時間を取ってくれるためには、コミュニケーション能力を高めることが必要です。一口に医師といっても、そのタイプは実に様々です。それぞれに応じた接し方も必要になります。例えば時間を無駄にすることを嫌うようなタイプの医師が開いてであれば、伝えるべきポイントをまとめて短時間で用件を伝えることが必要です。あるいはじっくりと話を聞いて内容を自分なりに理解したいという医師に対しては、きちんと伝える情報の根拠も添えて話をすることが大切です。このように医師のタイプを見極めて、それぞれに適した話し方を考えることも大事です。その上でアポイントの交渉をすれば、時間も確保しやすくなります。

売り込むのではなく需要を引き出すこと

営業職と聞けば、いかに売り込めばよいのかを考えがちになります。けれどもMRは医薬品など医療に関わる重要なサービス提供を行うことが仕事になります。そのためにはまず、相手の医師がどのような要望を持っているのかを引き出すことが必要になります。医師も売り込むが多いのでなかなか詳しい話をしてくれませんが、いかにその潜在需要を引き出すかが大きなポイントと言えます。その上で抱える課題を解決できるような情報を提供することが必要になります。求めることを提供することで、成約につなげることができます。決して自分都合で売り込むことばかりを考えるのではなく、求められることを先に聞き出すことが仕事であると認識することが大事です。その上で、課題を解決できるような提案をすることが必要となります。